風俗か否か | キャバクラで働くならキャバドレスとキャバスーツが必須

風俗か否か

キャバクラの求人募集は、風俗求人として紹介されることが多い。
そのため、キャバクラは風俗のように感じるが普通の風俗とは大きく違う点がある。
それは、性的サービスがあるか否かである。
セクシーキャバクラ等の、性的サービスを付加した店などもあるが、普通のキャバクラでは一切そのようなサービスが無い。
そのため、風俗であるかどうかは微妙であるという位置付けになっている。
しかし、風俗求人誌や、風俗求人サイト等に載せられていることも多いため、一般的には風俗という認識は強い。

店で働く女性にとって、衣装とはとても大事なものである。
風俗店であれば、服は基本的に脱ぐことが多いため、脱ぐ前に着ていた服が何であれあまり気にされることはない。
しかし、キャバクラは基本的に衣装を着たままの状態である。
そのため、衣装にはかなり気を使う女性が多い。
衣装として代表的なものは、キャバドレスやキャバスーツである。
ドレスは基本的に華やかなもので、キャバドレスも例に漏れず華やかに作られている。
しかし、本来のスーツとは黒を基調にしたものが多く派手なものはあまり存在しない。
だが、キャバスーツに限ってはかなり派手に作られている。
あくまでも、目立つための衣装であり、本来のスーツの用途とは明らかに違うからである。

本来、衣装というのは店頭で買うのが当たり前であった。
しかし、最近ではインターネット通販で取り扱う店も増えている。
この理由は、働く時間帯にある。
キャバクラで働く女性は、基本的に夜に働くものである。
そのため、昼は睡眠時間という女性が非常に多い。
だが、衣装を売っている店というのは昼に開いている店がほとんどで、衣装を買いに行くことが出来ない。
しかし、通販であればいつでも購入することが出来るため、通販を利用して衣装を揃える女性も多くなってきた。